2020年5月8日

町からの自粛要請に伴い、令和248日以降、仕事を休むことが困難な方々のお子様以外は登園を控えるようお願いしているところです。

 そこで町からの自粛要請を受け、保育施設等に登園しないお子様については、登園しない日数の保育料を還付することになります。

 保育料の還付については、町の要請により保育施設等を休園した場合などが対象となります。

 町が保育施設等の登園について、自粛要請後の経過

  1回目の要請日   4月7日(4月8日~4月18日)

  2回目の要請日     4月10日(4月11日~5月6日)

  3回目の要請日   4月22日(5月7日~5月31日)

      → 日割り計算する対象期間:4月8日~5月31日

 この保育料の軽減は、令和2年4月分の保育料から適用します。

 <計算式>月額の保育料×(自粛要請前の日数+自粛期間中の登園日数)÷25

  ※4月分 自粛要請前の日数:6日間(4月1日~4月7日で日曜日は除く)

  ※5月分 自粛要請前の日数:0日間

  【4月分の保育料】

    保育料:42,000円、自粛期間中の登園日数:4日間 とした場合

    42,000円×(6日間+4日間)÷25=16,800円

    42,000円-16,800円=25,200円

           還付金額 25,200円

      【5月分の保育料】

    保育料:30,400円、自粛期間中の登園日数:5日間 とした場合

    30,400円×5日間÷25=6,080円

    30,400円-6,080円=24,320円

           還付金額 24,320円

 今後、登園自粛を要請している期間中の各月の保育料について、登園していない日数を確認し、上記の例の通り軽減額を算定したうえ、還付を行うこととなります。

 軽減額の算定には時間を要するため、登園自粛を要請している期間中の各月の保育料については、一旦通常どおりの額でお支払いいただくこととなりますが、翌月下旬頃には還付を予定しておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 なお、毎月納付書でお支払いいただく方につきましては、4月分の保育料は、通常通りの額でお支払いいただき、5月分の保育料から4月分の保育料の軽減額を引いてお支払いいただくこととなります。5月分も同様の扱いとなります。