2020年9月10日

コロナ禍でも医療機関で必要な受診を

 新型コロナウイルス感染症への感染を心配して、医療機関の受診を控える傾向が見られます。

 

○過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。

○コロナ禍であっても、持病の治療や予防接種、健診など健康管理は重要です。

○医療機関では感染防止対策が行われています。

○具合が悪いなど健康に不安がある時は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

 

 上手な医療のかかり方 https://kakarikata.mhlw.go.jp/corona/index.html

 

2021年3月24日