2021年10月1日

以前に比べれば減少傾向ではありますが、新規感染者数は今なお高い水準にあります。未だ若者を中心に連日新たな感染が一定数確認され、外国人県民の感染も目立つ状況にあるなど、第5波は終息したわけではありません。

また、秋の行楽シーズンを迎え、第6波への備えも必要です。

このため、岐阜県では「緊急事態措置」解除後においても、「感染防止対策の徹底」、「医療提供体制の強化」、そして「ワクチン接種の推進」3つの対策に徹底して取り組み、第5波の速やかな終息を目指します。

皆様のご理解、ご協力をお願いします。

 

基本的な感染防止対策の徹底

・ワクチン接種後の方(ブレークスルー感染の恐れ)も含めて、以下の対策を徹底。

○ マスク着用(不織布マスクで隙間なくフィット)

  • 手指衛生(頻繁な手洗い、消毒)

  • 密回避(密閉・密集・密接のどれか一つでも回避)

  • こまめに換気

  • 体調管理(体調不良時には出勤・通学を含む全ての行動をストップ)

    ・外出については、以下の対策を実施。【法第24条第9項】

  • 混雑している場所や時間を避けて少人数で行動

  • 飲食店等に対する時短要請を踏まえた夜間の外出自粛

  • 帰省や旅行・出張など都道府県間の移動に際しては、基本的な感染防止策を徹底するとともに、ワクチン接種を完了していない方には検査を勧奨

  • 感染拡大地域との間の移動を自粛

    ・企業における在宅勤務(テレワーク)等の推進状況を踏まえた柔軟な働き方の実施。【法第24条第9項】
    ・路上、公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動の自粛。【法第24条第9項】

     

    <事業者の皆様>
    ・業種別ガイドラインの遵守。
    ・在宅勤務(テレワーク)の活用、休暇取得の促進、ローテーション勤務等により、出勤者数の7割削減を目指す。
    ・事業所ごとに「ぎふコロナガード」(感染対策を監視し、健康状態を確認する責任者)を指定し、感染予防策の全従業員への教育と現場点検を徹底。

     

 

詳しい岐阜県の対策はこちらをご覧ください。

https://www.pref.gifu.lg.jp/site/covid19/178368.html

 

2021年3月24日