2022年3月17日

国による「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付」は、

中学生以下は、令和3年9月分の児童手当受給者
高校生等は、令和3年9月30日時点で対象児童を養育している主たる生計維持者

が支給対象となっています。

そのため、基準日以降に離婚した場合など、現にお子さんを養育しているにもかかわらず、前養育者に支給され、話し合いができない等の理由により、給付金を受け取れない場合があります。つきましては、下記のとおりひとり親家庭等の方へ「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(支援給付金)(157KB)」を支給いたします。

 

支給対象者

•令和3年9月分の児童手当の受給者でなかったものの、児童手当の受給者の変更手続により令和4年3月分の児童手当の受給者になった方
※令和4年2月28日までに支援給付金の申請をした方については、当該給付金の申請日までに児童手当の受給者の変更手続により児童手当の受給者になった方
※児童手当の受給者の変更手続理由が前養育者の死亡による場合を除く

•令和3年9月30日においては、前養育者が高校生等の主たる生計維持者であったが、令和4年2月28日時点において高校生等を養育している方、その他これらに準ずる方
※令和4年2月28日までに支援給付金の申請をした方については、当該申請日において高校生等を養育している方(令和2年の所得が児童手当の所得制限未満の方に限る。)
※生計維持者の変更理由が前養育者の死亡による場合を除く

 

対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

 

支給金額

児童1人につき10万円を支給します

ただし、前養育者に支給された給付金の全部または一部を受け取っている場合または消費されている場合は、申請者からの申告に基づき、受取額(消費相当額)を控除した額を支給します。

 

申請方法

支援給付金の支給を受けるためには申請が必要です。

【申請書】令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(支援給付金)(79KB)

【記入例】令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(支援給付金)(97KB)

 

添付書類

中学生以下の児童を養育している場合

令和4年3月分の児童手当(本則給付)の認定市町村(2月28日までに申請があった場合は申請時点における児童手当支給の認定市町村)から転居した場合や所属庁支給(公務員)である場合には、受給者であったことがわかる書類(支払通知書・認定通知書の写し等)

高校生等の児童のみを養育している方

 

  1. 令和4年2月28日までに離婚したことが分かる書類(離婚届受理証明書、離婚届記載事項証明書、戸籍謄本、戸籍抄本等)又は9月以降の事情変更に関する必要な書類

※離婚協議中の方は、令和4年2月28日時点で協議中であることがわかる書類(公的機関から発行された書類又は弁護士等、第三者により作成された書類)を添付してください。

 

注意事項 

給付金の支給後、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただく必要があります。(修正申告などで令和3年度所得が変更となり、児童手当の所得制限限度額以上になった場合、偽りその他不正な手段による申請が判明した場合など)

 

 

申請期限

令和4年4月28日(木曜日)

※申請期限を過ぎた場合、原則申請を受け付けることができません。

 

 

 

2022年4月1日