不妊症診断検査費助成事業

2018年6月27日

 

 子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、不妊に悩み、実際に治療を受けておられるご夫婦が増加しています。不妊治療は、身体的・精神的負担はもとより、経済的負担もとても大きいものです。
 そこで、医療保険が適用されず、高額な医療費がかかる一般不妊治療(人工授精)や特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要した費用の一部を助成し、子どもを生み育てやすい環境づくりを推進します。


<不妊症診断検査費助成>

対 象 者 法律上婚姻をしている夫婦であって、岐南町に住民票のある者
助成額・回数 1夫婦3万円を限度に1回のみ
医療機関 指定なし
申請方法

ご印鑑次の書類を添えて、検査終了日より1年以内に健康推進課へ申請してください。

  1. 不妊症診断検査費助成申請書(ダウンロードページへ)
  2. 不妊症診断検査受診等証明書(ダウンロードページへ)
  3. 不妊治療費等助成事業請求書(ダウンロードページへ)
  4. 不妊症診断検査を受けた医療機関発行の領収書・診療費明細書
  5. 法律上婚姻をしている夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本等)
  6. 個人情報利用についての同意書(ダウンロードページへ)

お問い合わせ

健康推進課
電話:058-247-1321