郵便で証明書を申請できます

2018年5月16日

 申請書に次の事項を記入し、手数料、返信用封筒を同封の上、請求してください。

  • 手数料は定額小為替を同封してください(郵便局で取り扱いしています)。金額は各課へ確認してください。
  • 返信用の封筒に請求者の住所、氏名を記入し、所定の切手を貼り同封してください。
  • 本人確認のため、免許証等の写しを同封してください。

 

戸籍謄本・抄本、住民票などの郵便請求(請求先 住民課)

戸籍謄抄本

  • 申請者の住所、氏名、日中連絡のつく電話番号(押印してください)
  • 使用目的(具体的に)
  • 必要な戸籍の本籍記載(正確に記載してください)
  • 筆頭者名(除籍、原戸籍では戸主)
  • 抄本が必要な場合は、必要な方の名前
  • 申請者が戸籍記載本人以外の場合は、戸籍との関係
  • 必要な戸籍等の種類とその通数

 

住民票

  • 必要な方の氏名、住所、世帯主氏名
  • 必要な証明の種類とその通数
  • 請求理由
  • 請求者住所、氏名、日中連絡のつく電話番号(押印してください)

 

(注)消除された住民票の保存年限は、5年間です。

 

税務証明の郵便請求(請求先 税務課)

所得に関する証明(所得証明、所得課税証明など)、固定資産に関する証明(評価証明、公課金証明)、納税証明(町県民税、固定資産税、軽自動車税など)

  • 使用の目的、必要な証明書の種類
  • 必要な年度及び通数
  • 必要とする方の住所(転出された方は旧住所も)、氏名、および日中連絡のつく電話番号(転出後に転居された場合は、住所変更のわかる住民票等)
  • 代理請求の場合は必要とする方の住所氏名に加え、代理人の住所、氏名、および日中連絡のつく電話番号

 

(注)必ず押印してください(代理請求の場合申請人、代理人ともに必要です)。