所得の種類

2016年12月16日

 所得金額は、税額計算の基礎となります。所得金額は、一般に収入金額から必要経費を差し引くことで算定されます。

 所得の種類は所得税と同様、次の10種類です。

 

 「利子所得」「配当所得」「不動産所得」「事業所得」「給与所得」

 「退職所得」「山林所得」「譲渡所得」「一時所得」「雑所得」

 

所得の種類と計算方法

利子所得(公債、社債、預貯金などの利子)

 所得金額=収入金額

 

配当所得(株式の配当など)

 所得金額=収入金額-株式などの元本取得のために要した負債の利子

 

不動産所得(家賃、地代、権利金など)

 所得金額=収入金額-必要経費

 

事業所得(事業をしている場合に生じる所得)

 所得金額=収入金額-必要経費

 

給与所得(サラリーマンの給料など)

 所得金額=収入金額-給与所得控除額

 

退職所得(退職金、一時恩給など)

 所得金額=(収入金額-退職所得控除額)×2分の1

 

山林所得(山林の伐採や山林を売って得た所得)

 所得金額=収入金額-必要経費-特別控除額

 

譲渡所得(土地、家屋などの資産を売って得た所得)

 所得金額=収入金額-資産の取得価格などの経費-特別控除額

 

一時所得(賞金、懸賞当選金、遺失物の拾得による報労金など)

 所得金額=収入金額-必要経費-特別控除額

 

雑所得(年金など、他の所得に当てはまらない所得) 

 所得金額=次の1と2の合計金額

 1.公的年金等の収入額-公的年金等控除額

 2.1以外の収入金額-必要経費

 

非課税所得

 次の所得は非課税となります。(非課税所得の一例です。)

 

 ・生活動産の譲渡による所得(貴金属などは除く)

 ・生活保護のための給付

 ・給与所得者の出張、転勤旅費等

 ・遺族年金

 ・国民健康保険法、健康保険法の保険給付

 ・雇用保険法の失業等給付

お問い合わせ

税務課
電話:058-247-1397