セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

2017年2月15日

 セルフメディケーション税制とは、健康の保持増進や疾病の予防に一定の取り組みを行う方が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間にスイッチOTC医薬品の購入費用を1万2千円を超えて支払った場合に、その超える部分の金額(上限額8万8千円)について所得控除を受けることができる制度です。

 

 ※セルフメディケーション税制は、医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となります。したがって、この特例の適用を受ける場合は、従来の医療費控除を併せて受けることはできません。

 ※平成29年1月1日以後のスイッチOTC医薬品の購入費用が対象となるため、平成28年分の確定申告では対象となりません。

 

詳しくは、国税庁ホームページ厚生労働省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

税務課
電話:058-247-1397