【選挙】ぎふフューチャーセンターin岐南町開催

2017年7月4日

岐南町では、岐阜大学が主催する「ぎふフューチャーセンター」と共同で、若者を対象に選挙をテーマにしたワークショップを、平成29年6月24日に岐南町中央公民館で開催しました。岐南町は、県内の同規模の町と比較しても投票率が低く、また、年齢別の投票率を見ると、特に若い世代の投票率の低さが目立つのですが、ワークショップでは参加者が5~6人のグループに分かれて、「なぜ選挙に行かなければ行けないのか」「なぜ選挙に行かないのか」といったテーマについて話し合い、最終的に平成29年9月10日執行の町議会議員選挙の選挙啓発スローガンをグループごとに決めました。

 

【ワークショップの成果】

各グループによる選挙啓発スローガンと話し合いの内容

 

○1グループ 「With Friend♪」

 今の若い人は、1人で選挙に行くことに、不安や抵抗がある。仲の良い友達などと行くことで、不安や行きにくさをなくせば、

 もっと選挙に行く人が増えると思う。

 

○2グループ 「楽しく選挙を知ろう」

 投票所に行ったことがない、投票の仕方がわからないという不安が大きいので、まず選挙の投票の仕方などを知る機会が欲しい。

 わかりやすい漫画などで選挙について楽しく知ることができればいいと思う。

 

○3グループ 「行かない世代 損する世代」

 政治家は当然投票率の高い世代を対象とした公約を掲げると思う。選挙に若い世代が参加していくことで、若い世代をターゲット

 とした政策も増え、得する世代になるということを知ってもらいたい。

 

○4グループ 「選挙の日はFamily Day」

 選挙の日は家族そろって出かけた”ついでに”投票をしに行く習慣を定着させることで、家庭の円満と町の投票率アップに繋がる

 と思う。

 

○5グループ 「子どもと話す 明るい政治」

 候補者がどのような活動をしているのか知らないので、広報誌やインターネットなどでよりわかりやすい情報が得られる環境を

 作る。また、小さいころから家族で話す習慣を作れば、興味を持つと思うので、主権者教育にも力を入れるべきだと思う。

 

ワークショップの参加、岐阜大学地域共学センターの皆様、ありがとうございます。貴重なご意見を今後の選挙啓発活動に活かして、平成29年9月10日執行予定の町議会議員選挙での若い世代の投票率アップに繋げられるよう努めます。

 

【参考資料】

チラシ,pdf(473KB)

当日資料.pdf(1MB)

アンケート結果.pdf(541KB)

お問い合わせ

総務課
電話:058-247-1331