2015年2月7日
 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴児の聴力の向上や言語の習得、コミュニケーション能力の向上を促進するため、補聴器購入費等の一部を助成します。

対象者

以下の要件をすべて満たす方

  • 18歳未満で町内に住所を有している方
  • 両耳の聴力レベルが30デシベル以上70デシベル未満の方で、身体障害者手帳の交付対象とならない方
  • 補聴器の装用が必要と医師に判断されている方
  • 市町村民税所得割課税額が46万円以上の方が同一世帯にいない方
対象費用
  • 新たな補聴器の購入に必要な費用
  • 耐用年数が経過した後に、別の補聴器を購入する場合に必要な費用
  • 補聴器の修理に必要な費用(修理は、難聴児補聴器購入等助成事業で購入した補聴器に限ります)
助成額 購入または修理に必要な費用と、補聴器の種類ごとに決められた基準額とのうち少ない方の額の3分の2の額
申請に必要なもの
  • 申請書
  • 医師の意見書
  • 補聴器販売業者が作成した見積書
  • 印鑑(認印)

※申請書と医師の意見書の用紙は福祉課にあります

申請場所 岐南町役場 福祉課
注意事項 購入前、修理前に申請が必要です

手続き方法やご不明な点等については、岐南町役場福祉課までお問い合せください。
2021年3月24日