2015年2月5日
出生体重2,000グラム以下などで、医師が入院して養育することが必要であると認めた未熟児(1歳未満)を対象に、養育に必要な医療費の給付を行います。福祉医療費助成制度との違いは、食事療養費も給付の対象となる点です。但し、養育医療指定医療機関で入院した場合のみ対象となります。
※平成25年4月1日より、町で申請ができるようになりました。

対象者
岐南町に住民票のある乳児で、次に掲げるいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの
出生体重が2,000グラム以下のもの
生活力が特に薄弱であって、次に揚げるいずれかの症状を示すもの
 (ア) 一般状態
   a 運動不安、けいれんがあるもの
   b 運動が異常に少ないもの
 (イ) 体温 摂氏34度以下のもの
 (ウ) 呼吸器、循環器系
   a 強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
   b 呼吸回数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか又は毎分30以下のもの
   c 出血傾向の強いもの
 (エ) 消化器系
   a 生後24時間以上排便のないもの
   b 生後48時間以上嘔吐持続しているもの
   c 出血吐物、血性便のあるもの
 (オ) 黄疸
   生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの
自己負担金 乳児と同一世帯である扶養義務者全員の所得税額に応じた自己負担金がかかる場合があります。
医療機関 岐阜県内指定医療機関.pdf(60KB)
申請方法 ご印鑑次の書類を添えて、健康推進課へ申請してください。
  1. 養育医療給付申請書(ダウンロードページへ)
  2. 養育医療意見書(ダウンロードページへ)
  3. 委任状(ダウンロードページへ)
  4. 世帯全員の住民票と所得課税証明書
  5. 所得税額の有無が分かる書類(源泉徴収票、確定申告書の写しなど)
※印鑑、乳幼児福祉医療受給者証、保険証をご持参ください。

※申請が養育医療開始日より1ヶ月以上経過している場合は、こちらも
 ご提出ください。

2021年3月24日