2016年3月28日

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)とは 

 目的

 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)は、地域の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。

 

制度の特徴

 市町村が作成した都市再生整備計画に基づいて実施される事業に対して交付金を交付する制度であり、従来の補助事業に比べ、市町村の自主性・裁量性が大幅に向上することから、地域の創意工夫を活かした総合的・一体的なまちづくりをすすめることが可能となります。

 

 

 岐南町都市再生整備計画事業

  概要

  地区名:岐南町中心市街地地区

 面積:262ha

 計画期間:平成28年度から平成32年度(5年間) 

 

 

2021年3月24日