2022年6月27日

がん検診を受けましょう!

 がん検診を受けていますか?

日本人はおおよそ2人に1人が一生のうちに1度は「がん」と診断され、3人に1人が「がん」で亡くなっており、

がんは日本の死亡原因の上位に位置します。

 しかし、がんは自覚症状がほとんどありません。早期発見・早期治療のために検診を継続的に受診することがとても大切です。がん以外の病気で精密検査が必要と判断される場合がありますが、要精密検査となった方は必ず精密検査を受けましょう。

 

令和4年度 がん検診について

 令和4年度は、以下のとおりがん検診(集団・個別)を行います。

 

集団がん検診(子宮がん検診以外)

 令和4年度は8月下旬より集団検診を開始します。対象の方には受診券(ハガキ)を郵送しました。

8月中旬までに届かない場合は、健康推進課までご連絡をお願いします。

今年度の会場は検診日により異なりますので、お間違えのないようご注意ください。

 

【集団検診実施期間】

 令和4年度 集団がん検診日程表.pdf

  (予約不要:混雑を避けるため指定日時での受診にご協力をお願いいたします。)

 

 

【集団がん検診問診票・検便容器配布場所】

 以下の場所にて、問診票・検便容器の配布を行っています。

(子宮がん検診の問診票は医療機関に置いてあります。)

事前に記入していただき、当日お持ちください。また、採便容器は一人ひとつでお願いします。

役場 健康推進課
保健相談センター
中央公民館
やすらぎ苑
くつろぎ苑
ほほえみ会館
各町民センター
老人福祉センター
防災コミュニティーセンター

 

個別がん検診(乳がん・子宮がん検診)

 【実施期間】

 検診受診券(ハガキ)到着後~1月末まで

 

 個別のがん検診はすべて予約が必要です。

 ※12月は大変混み合いますので、早めに受診をお願いします。

 

 【実施医療機関】

  個別がん検診実施医療機関一覧.pdf

 

 検診項目一覧

 

検診名 対象者 検診内容 自己負担 実施場所
胃がん      40歳以上 胃部X線検査 500円 集団検診実施会場
大腸がん 40歳以上 便潜血反応検査     (2日法) 500円
肺がん    (結核検診含) 40歳以上 胸部レントゲン検査  喀痰検査(該当者のみ) 500円
前立腺がん    (男性のみ) 50歳以上 血液検査 500円
肝炎ウイルス    検査 40歳以上 血液検査 500円
ピロリ菌検査 40歳以上 血液検査 無料
乳がん      (女性のみ) 30歳以上 マンモグラフィー検査(乳房X線検査)     視触診(希望制) 500円  集団検診実施会場   指定医療機関
子宮がん     (女性のみ) 20歳以上 子宮頸部細胞診 500円   指定医療機関

 ※検診はすべて年度末年齢(令和5年3月31日時点の年齢)で対象判定します。

 ※70歳以上の方(肺がん検診のみ65歳以上の方)は自己負担は無料です。

 ※生活保護世帯の方はすべて自己負担無料になります(事前に役場での申請が必要です)。

 ※肝炎ウイルス検査は、40・45・50・55・60・65歳が無料対象になります(国の健康増進事業のため)。

   ※肝炎ウイルス検査・ピロリ菌検査は、今までに受けたことがある人は対象外です。

 ※子宮がん検診の受診間隔は2年に1回です。(前年度受診された方は対象外です。)

 

 

子宮がん・乳がん検診 無料クーポン券を発送しました。

 がん検診受診率の向上を目的に、下記の年齢の方を対象に「無料クーポン券」を郵送しました。

 同封の案内等をご確認の上、検診にお出掛けください。

420日以降転入された場合は、無料クーポン券を交換しますので、健康推進課へお越しください。

 

<子宮頸がん検診無料クーポン券対象者>

 令和4年度に21歳になられる方(平成1342日~平成144月1日生まれ)


<乳がん検診無料クーポン券対象者>
 令和4年度に41歳になられる方(昭和5642日~昭和5741日生まれ)

 

 子宮がん・乳がんのがん検診の受診間隔は2年に1回とされています(ガイドライン「がん予防重健康教育及びがん検診実施のための指針」より)。

 また、がんの初期には自覚症状はほとんどなく早期発見・早期治療のために検診を継続的に受診することがとても大切です。まだ1回も受けたことのない方、2年以上受けていない方は、この機会にぜひご受診ください。

 

 

 

2022年4月1日