2015年4月1日

地震が起こったときに身を守る備えは大丈夫ですか 

山で

  • まずは落石に注意しましょう。
  • 地盤がゆるんで崩れやすくなっているので、山やがけ、急傾斜地には近付かないようにしましょう。

 

川で

  • 津波が川をさかのぼる可能性があります。流れに沿って上流側に逃げても津波は追いかけてくるので、流れに対して垂直方向に避難しましょう。

 

海で

  • 海や海岸付近で地震にあったら、揺れの大きさにかかわらず高いところに避難しましょう。
  • 出かける前に、いざというときに逃げられる場所を決めておきましょう。
  • 津波は繰り返し押し寄せます。第一波の後に、さらに高い波が来る可能性もあります。警報や注意報が解除されるまで安全な場所で待ちましょう。

 

「津波避難三原則」(群馬大学大学院教授 片田 敏孝)

  1. 想定にとらわれるな:安全とされていた地域が危険となることがある
  2. 最善を尽くせ:「もう大丈夫だろう」と思い込まず、状況に応じて最善を尽くすべき
  3. 率先避難者たれ:いざというときは、まず自分から行動に移すべき、他の人に惑わされない

 

参照
消防庁地震防災マニュアルhttp://www.fdma.go.jp/bousai_manual/index.html 

2021年3月24日