2018年6月15日

 面会交流とは、子どもが、離婚して離れて暮らすお父さんやお母さんと定期的に、継続的に交流することをいいます。両親の離婚を乗り越え、子どもが健やかに成長していけるよう、子どもの利益を最も優先して、面会交流の方法や時期、回数などを、あらかじめ取り決めましょう。また、書面に残しておくようにしましょう。

 父母で話し合いができないときは、家庭裁判所に調停または審判を申し立てることができます。

 子どもの養育に関する合意書について、法務省で作成した、養育費と面会交流の取り決め方や、その実現方法についてわかりやすく説明したパンフレット(関連リンク「子どもの療育に関する合意書作成の手引きとQ&A」)があります。また、養育費相談支援センター(フリーダイヤル0120-965-419)で、養育費や面会交流についての相談に応じています。このほか、全国に設置された、母子家庭等就業・自立支援センターで相談に応じている所があります。

 

 

関連リンク

2021年3月24日